FC2ブログ

いつもの、そんな日々。

最低月一更新を目指します。日常、読書、夢、映画、ゲーム、興味のあるものを取り扱います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ちょっと早いけど、ね。

最近ひまたんやきぃのブログを覗いてニヤニヤする事を生業としております。リュイです。

今日は無駄に縦に長くなりそうなのでたたみます。
今年出会った自分のお勧めや文学的に影響を受けた作品とかを紹介しようかとねー。
いや、リュイなんかに興味ねえよって人はスルー。
あくまでも今年出会った作品であって、作品自体は今年のものとは限らんず。
ボカロ曲とかも紹介してるから、本に興味ない方も、是非。

どうぞー。
  
   
文学作品個人的五選
敬称略。

村上春樹著「ノルウェイの森」
まずこれは外せないと思う。少なからず自分の執筆方法に影響を受けた作品。
でも大好き!という小説でもない。不思議。短くない作品だけど、気付いたら終わってる作品。
恋情の話だけど、そういった単純な話じゃない。
映画も観てみようかなあ。でも、小説が原作の映画は好きになる事はあまりないのです。

ドストエフスキー著「罪と罰」
哲学と呼ばれているのがよく分かる作品。
十代では早いし、と考えてたけど、文体が好みだった。単純に翻訳した人の書き方が好みなだけだったかもしれない。
三十代とかになったらもう一度読もう。主人公に共感はしなかったなあ。
三十代とかになったら、どう感じるだろ。

湊かなえ著「告白」
これは小説というより映画の方が好きだったかもしれない。だから映画の方を語ろうかと思う。
まず演出が好みだった。R-15になったのは納得wだったけど、どこかノスタルジックな演出と、台詞がとても好みだったのです。
監督の方はとても魅せるのが上手いなあと。友達に連れられ最初は乗り気じゃなかったけど、観た後は余韻に浸るほど、良かった。素晴らしいとまではいかないかもしれないけど。

ダニエル・キイス著「アルジャーノンに花束を」
文体は好みではなかったけど、凄く良かった。近未来小説的な位置づけらしいけど、そういう小説ではない。と思う。
喪失の話かもね。「障がい者は皆純粋なのよ」と言った母の言葉に全くそうだなあと思った。
何処かで「障がい者はお前らに同情されるために生きてる訳じゃねーし」という言葉を見て、真っ先にこの小説が浮かんだ。
上手く言えない。取り合えず読めばいい。

村上春樹著「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
これもある意味喪失の話。思ったよりワンダーランドワンダーランドしてなかった。
何と言うのだろう。スイスイと読めた。頭に入って来るようで全く入っていないような、そんな感じ。どんな感じ…w
読んだ後は凄く、放り出された気分になった。というか、この人の作品は全体的にそういった雰囲気がある。



ボカロ曲個人的五選



恐らくこれがなかったらニコニコ動画自体から離れていただろうなあと思う曲。
タイミングよく出会ったなあ。二次創作とかのきっかけにもなった曲。この曲の二次創作はしなかったんだけれども。
出会ったのが受験シーズンともあって、今は全く聴けなくなってしまいました。うむむ。



ハチさんとの邂逅。これはもうノスタルジックすぎて、今でも凄い頻度で聴く。聴かない日の方が少ないくらい。
音楽を聴き過ぎるとある日を境に遠ざけてしまうのだけれど、これは全くない。
ハチさんの曲ではこれが一番好きだ。次はワンダーランドと羊の歌。
このミク可愛いんだよ。本当に。



え、紹介しなくてもよくね…ってくらい有名になってしまった曲。モンブランは甘味~。
DECO*27さんのCDを持っているのをきっかけに聴いたんだっけ。もう覚えていない。
けれども本当に好きになった。ギターを片手にモザイクロールの練習もしたっけなあ。



ほんとにこれはいい。レトロな感じとか大好きなのです。アペンドミクさんの囁く感じがたまらなく。
そして漂う儚さというか、切なさというか。とてもいい。
ギターの音がいい。包み込むみたいで。



ちょっと長いなァと聴く前は感じたが、ループが止まらなかった曲。
何曲かが一体になって作品になったという印象が、ある!格好いい曲。
ルシュカさんの歌ってみた本家も素晴らしかった。是非聴いてみて。


こんな感じで一年は終わった。出会った当時は殿堂入りしてなかった曲もあったのに、もう全て殿堂入りしてるね。
次はゲーム五選でもやるか!?(笑)
結果は見えてそうだけどね…。

お付き合いありがとう。ちょっと配信してくる。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<行きたかった | HOME | カクーン!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。